「明日の朝、もしも僕が死んでいたら、君はどうする?」「何をまた、変なことばっか言ってないで、もう寝れば?」と、君は笑うけど…KANさんの『50年···